WEB予約

ひだ胃腸内視鏡クリニック

ご予約・お問い合わせ

0798-26-5070

胃腸内科 / 内視鏡内科

阪神西宮駅徒歩30秒

のどのつかえ・違和感

のどのつかえ・違和感

【症状は?】

のどに関する症状を診察するのは主に耳鼻科です。ところが、耳鼻科で診てもらった結果、のどに大きな異常が見当たらないにもかかわらず、症状に悩まされているという方は少なくありません。
胃腸科や消化器内科に受診される方々が困っておられるのどの症状は、「のどがつかえる」「物が飲みこみにくい」「のどに何かがずっとあるように感じる」「のどがイガイガする」「のどが沁みる」「のどにすっぱいものが上がる」「のどが締め付けられる」など、さまざまです。

 

【原因は?】

症状を起こす原因も実にさまざまです。内視鏡検査(胃カメラ)でのどや食道に炎症や腫瘍などの異常が見つかる場合もありますが、見た目の異常が全くなく、粘膜の知覚過敏やアレルギーが原因となっている場合も少なくありません。
のどの違和感・つかえに関連する代表的な病気は、以下のようなものです。

 

① 咽喉頭酸逆流症

胃酸が食道に、さらにのど(咽頭喉頭)にまで逆流することによって、さまざまな症状が現れます。とくにのどの症状を感じるタイミングが、胃酸が出やすい食後であったり、胃酸が逆流しやすい就寝時であったりする場合には、酸の逆流が関係している可能性が高くなります。
また、のどに沁みる、つかえるなどの症状がある方に、必ずしも胸やけやゲップなどの胃食道逆流症(逆流性食道炎)の症状が同時に現れるとは限りません。のどにまで胃酸が逆流しているということは、当然食道にも逆流しているわけですから、胸やけなどの症状が先に現れないのは矛盾しているようにも思えます。しかし、胃のすぐ上にある食道に胃酸が逆流するのは体にとって想定内のことで、ある程度まで耐えられるのに対し、のどの粘膜は刺激に弱く少量の酸であっても症状が出やすいのです。
実際に、耳鼻科で「逆流性食道炎かもしれない」と言われて来られる方はたくさんおられますが、胃カメラで明らかな逆流性食道炎(食道のただれや炎症)を認めることはそれほど多くありません。ただ、見た目では炎症が無くても、胃酸の逆流が刺激になって症状を起こしている可能性があるため、胃酸を抑えるお薬を試してみて症状が和らぐかどうかで診断することもあります。

 

② 咽頭喉頭がん・食道がんなどの腫瘍

がんなどの腫瘍によって通過が障害されている場合は、食べ物を飲み込むタイミングでつかえや違和感などの症状が出やすくなります。とくにお酒をよく飲まれる方やたばこを吸われる方は、咽頭喉頭がん・食道がんになる危険性が高いため、注意が必要です。
食道がんのうち、早期がんの段階で症状が出るのは全体の4分の1程度と言われています。のどや食道のがんを早期に発見するためには、症状が出る前に定期的に内視鏡検査(胃カメラ)を受けることが推奨されます。
当院で使用している胃カメラは鼻からの検査が可能なとても細いタイプでありながらハイビジョンで解像度がとても高く、NBIという色調に変えることでのどや食道の早期がんもしっかりと認識することが出来ます。

 

③ 咽喉頭異常感症(いんこうとういじょうかんしょう)

内視鏡検査をしても何も異常がないにもかかわらず、のどの違和感、イガイガする感じ、沁みるなどの症状が続く場合には、咽喉頭異常感症が疑われます。
のどや食道の粘膜に「知覚過敏」を生じることがあり、その主なきっかけはストレスと言われています。更年期障害、自律神経失調症、不安神経症、うつ病などの心因的な問題を抱えておられる方やストレスをため込みやすいまじめな方、責任感が強い方、我慢強い方などに発症しやすく、大きな心理的ストレスがかかった際にのどの違和感が生じやすくなることが分かっています。
胃酸を抑える薬を飲んでも症状が良くならない場合には、知覚過敏に対する治療が必要となります。

 

④ 好酸球性食道炎

好酸球は白血球の1つでアレルギーに関連します。好酸球性食道炎は、食道に食べ物などに対するアレルギー反応による炎症が慢性的に起っている状態だと考えられ、食物が飲み込みにくい、のどにつかえる感じ、胸の痛みなどの症状が現れます。炎症が慢性に続くと、最終的には食道が狭くなり、食べ物が通らなくなってしまうこともあります。
もともと欧米人に多いとされている病気ですが、最近は日本人にも増えてきていると言われています。小麦や乳製品、大豆、卵などの食品の他、花粉やカビなどが食道にアレルギーを引き起こす原因になりますが、原因がはっきりとわからないこともあります。
内視鏡検査で食道の粘膜に「縦方向の溝」が見られるのが特徴的な所見の1つで、その部位からの生検(組織の検査)で多くの好酸球が認められれば診断が確定します。

 

⑤ 口腔咽頭・食道カンジダ病

口腔咽頭・食道カンジダ病は、口やのど、食道にカンジダという真菌(カビ)が異常に繁殖することによって発症する感染症で、のどの痛み、飲み込みにくい、胸や背中の痛み、吐き気や嘔吐などを生じます。カビが繁殖と言うと驚かれるかもしれませんが、カンジダは皮膚や消化管にもともと住み着いている常在菌であり、ストレスや疲れ、加齢によって免疫力が落ちた時や、ステロイド剤や抗生物質の投与などがきっかけとなって繁殖することがあります。
内視鏡検査では白い点状の苔が観察されます。

 

【治療は?】

まずは内視鏡検査(胃カメラ)で原因を見極めることが重要で、それによって治療の方針が決まります。

 

① 咽喉頭酸逆流症

胃食道逆流症(逆流性食道炎)と同じように、胃酸の分泌を抑えるお薬を用います。
しかし、本当に大切なのは胃酸の逆流の原因となる元を断つことです。食後すぐに横にならない、就寝前に食事を摂らない、胃酸の分泌を活発にする甘いものや脂ものを控える、胃と食道のつなぎ目が緩くなるお酒を控える、内臓脂肪による胃の圧迫を減らすためにダイエットするなどの生活習慣の改善が必要です。

 

② 咽頭喉頭がん・食道がんなどの腫瘍

のどや食道にがんなどの腫瘍が見つかった場合は、進行の程度や体の状態などから適切な治療方法を検討する必要があります。
がんの治療には、大きく分けて内視鏡的切除、手術、放射線治療、薬物療法の4つがあります。それぞれの治療法の特長を生かしながら、単独または組み合わせた治療を行います。これらの治療が適切に受けられるよう、患者様のご希望などをふまえた上で専門治療を行える医療機関へご紹介いたします。

 

③ 咽喉頭異常感症

胃酸を抑えるお薬では良くならないことが少なくありません。その場合は、のどの粘膜の知覚過敏を抑えるような漢方薬などを用いて治療します。半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)は、リラックス効果のほか、喉のつかえ感や違和感を緩和する効果が期待できます。

 

④ 好酸球性食道炎

食品などの原因アレルゲンが分かる場合には、それを除いた食事療法が有効なことがあります。胃酸を抑えるお薬が有効な場合も多いのですが、炎症とアレルギーを抑えるためにステロイド剤や免疫抑制剤が必要になる場合もあります。

 

⑤ 口腔咽頭・食道カンジダ症

カンジダ症は、疲れやストレスが原因の場合にはその状況が改善すると自然に治ることが多く、症状が乏しければ様子をみることがほとんどです。
カンジダの繁殖の程度が強かったり、のどや食道の違和感・飲み込みにくさなどの症状が強かったりする場合には、免疫力が低下を引き起こす原因となっている病気が無いかを精査し、全身状態の改善を図るとともに、抗真菌剤による治療を考慮します。